林田力・東急不動産だまし売り裁判

アクセスカウンタ

zoom RSS 東急不動産取得のバーリントンハウス馬事公苑(下)

<<   作成日時 : 2010/11/26 21:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

【PJニュース 2010年11月21日】これまで日本では建築や不動産について経済の視点から論じられる傾向が強かった。しかし、住宅は生活の場であり、経済の論理だけで語ることのできるものではない。経済優先の発想が耐震強度偽装物件の「経済設計」に行き着いたと言っても的外れではない。これが日本の住環境を貧困にしている要因である。

その意味でバーリントンハウス馬事公苑の耐震強度不足の問題を高齢入居者の生活視点で論じた読売記事の着眼は貴重である。単に建築や不動産の問題として限定しない柔軟な発想が深い記事を生む好例である。今後も幅広い視点からの記事に期待したい。

バーリントンハウス馬事公苑の耐震強度不足は2008年に発覚したが、国土交通省の処分には時間がかかった。国土交通省は2010年2月26日に確認検査機関の財団法人日本建築設備・昇降機センターを監督命令処分にした。

日本建築設備・昇降機センターの処分理由は、所属する確認検査員が指摘事項への対応結果について十分に確認をせず審査を進め、建築基準法に違反する手続きを看過し、確認済証を交付したことである。また、国交省は「本件に関与した建築士等の処分については引き続き調査中」とする。

本件の耐震強度不足は構造計算書などの建築確認申請には問題がなかった点で、耐震偽装事件とは異なる。むしろ、設計図書通りに施工されなかった点で手抜き工事や欠陥住宅と同種の事例である。故に担当した建築士は設計者としての責任は果たしているが、設計図書通りに施工されているかを確認する監理者としての責任は問われうる。
http://news.livedoor.com/article/detail/5154958/
http://www.pjnews.net/news/794/20101119_3

一方、設計図書通りに施工しなかったことが問題であるならば、実際に施工した施工業者の責任が最も大きいことになる。この点で国交省が調査対象を「建築士等」と「等」を付けていることの意味は大きい。上述の読売新聞記事でも「設計や建設に関係した事業者の行政処分」と施工業者も処分対象として想定されていた。

手抜き施工や欠陥工事を見逃してしまったことと、積極的に行ったことでは反倫理性の度合いが異なる。その意味で検査機関の処分が先になったことは、検査機関の立場では釈然としない思いがあるかもしれない。「建築士等」への責任追及が厳正になされることが公正に適う。
このような経緯の後、東急不動産はアドバンテージ・リソーシング・ジャパン(旧グッドウィル・グループ)からバーリントンハウス馬事公苑を取得した。東急不動産はグランクレール青葉台やグランクレール藤が丘など高齢者向け住宅を運営しており、連携が図れると判断したとされる。しかし、東急建設施工で耐震強度不足になった物件を同じ東急グループに属する東急不動産が購入することは様々な憶測を生じさせる。穿った見方であるが、「尻拭いで購入させられた」という見解もある。

東急不動産はバーリントンハウス馬事公苑のサービスや料金体系を自社運営の施設と統合する方針としており、入居者は不安である。耐震強度不足発覚以来の入居者の不安は収まりそうもない。ここでも上述の読売記事「関係者が最も配慮しなければならないのは、高齢の入居者の生活だ」が当てはまる。【了】
http://news.livedoor.com/article/detail/5154957/
http://www.pjnews.net/news/794/20101120_4
林田力「二子玉川ライズ原告団・弁護団集会で方向性確認(下)」PJニュース2010年11月22日
http://news.livedoor.com/article/detail/5155995/
http://www.pjnews.net/news/794/20101120_5
林田力「モーニング娘。韓国人蔑視写真騒動の深層(上)」PJニュース2010年11月22日
http://news.livedoor.com/article/detail/5156024/
http://www.pjnews.net/news/794/20101121_6
林田力「モーニング娘。韓国人蔑視写真騒動の深層(下)」PJニュース2010年11月22日
http://news.livedoor.com/article/detail/5156023/
http://www.pjnews.net/news/794/20101121_7
林田力「『蒼天の拳』朋友への熱い思いで大団円」リアルライブ2010年11月22日
http://npn.co.jp/article/detail/25043148/
林田力「大卒から感じた高卒のギャップ」PJニュース2010年11月23日
http://news.livedoor.com/article/detail/5158495/
http://www.pjnews.net/news/794/20101122_7
林田力「動機の錯誤をめぐる二元説と一元説(上)」PJニュース2010年11月24日
http://news.livedoor.com/article/detail/5159812/
http://www.pjnews.net/news/794/20101123_4
林田力「動機の錯誤をめぐる二元説と一元説(下)」PJニュース2010年11月25日
http://news.livedoor.com/article/detail/5162611/
http://www.pjnews.net/news/794/20101123_5
林田力「『龍馬伝』眉なし徳川慶喜の熱演」リアルライブ2010年11月25日
http://npn.co.jp/article/detail/68520530/
林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』 - NAVER まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2129069413176462901
林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』 - pick(ピック)
http://naver.jp/hayariki2




東急不動産だまし売り裁判?こうして勝った
ロゴス
林田 力

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 東急不動産だまし売り裁判?こうして勝った の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
二子玉川ライズ原告団・弁護団集会で方向性確認(上)林田力
JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動&amp;nbsp;【PJニュース 2010年11月21日】二子玉川東地区第一種市街地再開発(二子玉川ライズ)の違法性を主張する2件の訴訟の原告団・弁護団集会が2010年11月14日、東京都世田谷区用賀の用賀地区会館で開催された。上告する差し止め訴訟と12月2日に第1回口頭弁論が開催される住民訴訟・控訴審の方向性を確認した。二子玉川ライズは東急田園都市線・大井町線の二子玉川駅前で進められている再開発であるが、住環境を破壊するとして周辺住民から反対運... ...続きを見る
東急リバブル東急不動産被害者の会
2010/11/27 11:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東急不動産取得のバーリントンハウス馬事公苑(下) 林田力・東急不動産だまし売り裁判/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる