林田力・東急不動産だまし売り裁判

アクセスカウンタ

zoom RSS 消えた修道女上巻

<<   作成日時 : 2017/09/27 19:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


#書評 #小説 #歴史
『消えた修道女』は中世アイルランドを舞台とした歴史小説である。ローマ・カトリックやゲルマンと異なるアイルランドの法制度が物語の背景にある。それは現代人には馴染みが薄い。そこは異国の僧侶であるエイダルフが読者の代わりに質問する役割を果たしている。
エイダルフは、良きワトソン役になっている。医学の心得のある点もワトソンと重なる。長旅に疲れ果てて弱音を吐く描写は、一緒に旅するフィデルマのタフさを浮かび上がらせる。
フィデルマは理知的な人物である。端から見ると非情な判断も下す。面白い点は、恐怖に心を乱されていると冷徹になることである(274頁)。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
消えた修道女上巻 林田力・東急不動産だまし売り裁判/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる