林田力・東急不動産だまし売り裁判

アクセスカウンタ

zoom RSS 天は赤い河のほとり2

<<   作成日時 : 2018/01/02 13:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


#歴史 #書評 #マンガ
『天は赤い河のほとり』2巻では主人公が大きく成長する。自分の軽挙によって人を死なせてしまう。そのショックが主人公を変えた。恋愛面でも第1巻では思われるだけの存在であったが、第2巻では意識するようになる。
タイトルになっている赤い河は第2巻で登場する。ヒッタイトは黒海を渡った北方民族説とアナトリア土着説がある。本書は後者のイメージがある。北方の蛮族は別に存在する。
主人公は期せずして大きく活躍する。タイムスリップ物らしい現代意識を活かした活躍である。歴史知識がない人も、現代の知識を用いて活躍できる。
ヒッタイトでは女神イシュタルが軍神として信仰されている。シュメールの神話がヒッタイトでも信仰されていることに不思議な感覚がある。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
天は赤い河のほとり2 林田力・東急不動産だまし売り裁判/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる