林田力・東急不動産だまし売り裁判

アクセスカウンタ

zoom RSS コインチェック被害

<<   作成日時 : 2018/02/04 12:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


東急不動産消費者契約法違反訴訟原告としてコインチェック被害者の裁判を応援します。消費者保護は大切です。一方で消費者保護を名目に政府が管理して仮想通貨市場を潰す規制強化は懸念されます。コインチェック被害弁護団は、そこへの警戒心も持っています。
大企業がコインチェックを買収して助けてくれるという大企業待望論はあり得ません。債務をそのまま継承するならばモラルハザードが起きます。ホワイトナイトは経営者にとってのナイトであって、取引先のナイトではありません。他の会社が買い取るならば、会社更正を経て現経営陣から離れてからです。
また、ブロックチェーン技術は分散台帳であって、中央の巨大サーバーを不要とするものです。大企業でなくても扱えるところに革新性があり、大企業だから安心とはならないところに価値があります。
取引所が足腰の強い企業であることと大資本でなければならないことは別問題です。有望な分野に新規参入することは結構ですが、コインチェックの契約者を救済するためにコインチェックの債務を承継してまでコインチェックを買収する価値はないでしょう。自前で立ち上げればよく、マイナスを背負う意味はありません。会社に頼らない自立的な感覚で投資をされている方が、このような局面で大企業の善意に頼ることは不思議です。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
コインチェック被害 林田力・東急不動産だまし売り裁判/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる