林田力・東急不動産だまし売り裁判

アクセスカウンタ

zoom RSS 天地清大

<<   作成日時 : 2018/04/29 09:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


山本周五郎『天地清大』は幕末を舞台とした歴史小説である。新潮文庫で上下巻になっている。主要登場人物は東北の小藩の藩士である。安政年間の頃から仙台藩を盟主とした奥羽同盟の原型ができていた。一方で朝廷の勢力が大きくなることも予測しており、幕府や仙台藩に隠れて朝廷側ともチャネルを持とうとしていた。多くの人が幕藩体制の崩壊という方向を読めている。武士階級の消滅すら予想している。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
天地清大 林田力・東急不動産だまし売り裁判/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる