林田力・東急不動産だまし売り裁判

アクセスカウンタ

zoom RSS 相続裁判の競売

<<   作成日時 : 2018/06/23 19:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


共有物の分割で意見の一致しない場合は、共有物を競売して売却金を共有者で分割する方法が考えられる。これは相続財産の分割で普通に採られている方法である。それは不公正な分割がなされるよりも、相続人全員にとって平等であり、公正な分割になる。原告らは被告に代償分割を押し付けていますが、本気で代償分割が被告にとっても不公平にならないと思っているならば双方が代償分割になる競売こそが公平な分割になる。原告は被告に代償分割を押し付けており、被告にとっては変わらない。原告と被告が共に代償分割になる競売は公正である。原告は、代償分割が被告にとって不公正にならないと主張するならば、競売を受け入れなければならない。現物分割を主張する被告が競売を嫌うことは筋が通るが、原告らが競売を嫌うことは筋が通らない。
裁判所の競売では低い価格で落札される可能性はあるが、それは裁判という方法を選択した原告が当然甘受しなければならないリスクである。それを避けるために被告に我慢を押し付けることは正当化できない。

マンション投資の迷惑勧誘電話の説明には軽率とデタラメしか感じられませんでした。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
相続裁判の競売 林田力・東急不動産だまし売り裁判/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる