林田力・東急不動産だまし売り裁判

アクセスカウンタ

zoom RSS ハリー・ポッターと死の秘宝の下巻

<<   作成日時 : 2018/11/24 10:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


ダンブルドアには大目的のために個人の犠牲はやむを得ないという割りきった姿勢を感じる。有用なスネイプを利用して使い潰すようにも見え、あまり好きになれなかった。個人主義が徹底した欧米ではダンブルドアのような考え方も新鮮かもしれないが、個人主義が未発達で後進的な日本では村社会を強化する方に働かないか。
村社会という点では誰それがブラック家の出身で、誰と誰が親戚であるという話が結構ある。そのようなものに郷愁があるのだろうか。階級社会のイギリスでは今も生きているのだろうか。
母親の力は物語のテーマである。モリー・ウィーズリーは最強の副官レストレンジを倒した。マルフォイ家がヴォルデモードと運命を共にしなかったことは母親の動きが大きい。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハリー・ポッターと死の秘宝の下巻 林田力・東急不動産だまし売り裁判/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる