林田力・東急不動産だまし売り裁判

アクセスカウンタ

zoom RSS 林田医療裁判フライヤー

<<   作成日時 : 2018/12/27 18:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


林田医療裁判のフライヤーがレイバーフェスタで配布された。レイバーフェスタで上映された映画『子どものころ、光る砂であそんだ』の制作者・北穂さゆりさんが林田医療裁判の本を出す。
『子どものころ、光る砂であそんだ』は埼玉県さいたま市のアスベスト問題を描いた映画である。この映画がレイバーフェスタで上映されたことは大きな意義があると考える。さいたま市のアスベスト問題は典型的な昭和の公害である。弱者のためを掲げるならば、昭和の公害被害者に寄り添うことは大切である。
レイバーフェスタでは水道民営化の映画が上映されたように新自由主義批判の要素が強い。問題は、それが昭和の職場は良かったという昭和ノスタルジアにつながりかねないことである。それは昭和的な村社会の抑圧から脱却しようとする人々からは守旧派に映る。日本大学など村社会のボス政治にうんざりしている人は増えている。
このややもすると村社会ノスタルジアになりかねない傾向は上映前の川柳コーナーに見られた。明治150年を批判して佐幕派になるべきと指摘された。薩摩長州に都合の良い展開では、その気持ちは理解できる。進歩派にも司馬遼太郎史観が蔓延している状況には一定の意味がある。しかし、幕府側に感情移入すればするほど当時の幕府側の石頭ぶりに絶望したくなる。佐幕という旧体制に戻るスタンスに魅力を感じるか。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
林田医療裁判フライヤー 林田力・東急不動産だまし売り裁判/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる