アクセスカウンタ

<<  2017年3月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
多剤耐性緑膿菌の院内感染
病院で多剤耐性緑膿菌の院内感染が起きたと証言された。この問題は日本海賊TVの金八アゴラで取り上げる。抜き打ち検査をしなければならない。 立正佼成会附属佼成病院で多剤耐性緑膿菌(multidrug resistance Pseudomonas aeruginosa; MDRP)の院内感染が起きたと証言された。問題の証言は立正佼成会附属佼成病院裁判(平成26年(ワ)第25447号 損害賠償請求事件)第10回口頭弁論(2016年6月1日(水)、東京地方裁判所610号法廷)でなされた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/29 20:43
東京都議会予算特別委員会
東京都議会予算特別委員会を傍聴した。この日は山崎一耀都議、東村邦浩都議の順序で質問がなされた。私は次の田中朝子都議の質問の途中から傍聴した。田中都議の質問で印象に残ったものは保育所の安全についてである。土地事情から保育園を中高層階に開設する例が増えているが、災害対策などの対応を尋ねた。自治体には4階以上に保育園を設置しないように指導するところもあるという。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/27 22:43
東急建設ら外環道工事の問題
日本海賊TVで東急建設ら外環道建設工事の問題を取り上げた。住宅地の下の地下工事であり、住民にとっては地下工事の陥没事故が恐ろしい。大深度で陥没事故が起きれば陥没範囲は同心円上に広がるため、影響範囲は甚大になる。1センチメートルの傾斜が起きただけでも住宅への影響は甚大である。外環道に公共性があるのか、税金を投入する意義があるのか問い直さなければいけない。 先週の立正佼成会附属佼成病院裁判には反響が大きい。病院の医師が院内感染を認めたことは問題である。院内感染の報告などについて深める必要がある。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/24 21:30
おんな城主直虎
外環道のような上からの視点、権力者の視点が最早国民受けしなくなったことは、NHK大河ドラマから読みとくことができます。今年のNHK大河ドラマは『おんな城主直虎』です。女性主人公の大河ドラマということで注目されていますが、戦国大名ではなく、国人領主を主人公とした点でも注目されます。これまでの大河ドラマは戦国大名の視点で描かれる傾向がありました。戦国大名の視点では、如何に独立独歩の国人領主を従順な家臣にするかが課題になります。実際、巧妙が辻の山内一豊も軍師官兵衛の黒田如水も反抗的な国人領主を騙し討... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/21 22:08
FJネクスト迷惑勧誘電話
#不動産投資 #マンション #FJネクスト不買運動 住民の質問に答えない説明会は無意味である。粘着力のないセロハンテープと同じである。迷惑勧誘電話や悪質マンション建設ばかりを増加させ、止めることを意思決定できないマネジメントは無能である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/21 12:31
立正佼成会附属佼成病院裁判
#裁判 #医療 #病院 立正佼成会附属佼成病院裁判の控訴審を日本海賊TVで取り上げた。原告がゲストとして参加した。 長男にだけ説明すればいいという病院の姿勢は古い家制度の思想を引きずっているのではないか。長男は母親の治療を拒否し、葬儀を予約した。長男のような考えの人間は現実に存在するが、病院は無条件に応えるのではなく、倫理観を持って相対すべきである。 番組では立正佼成会の政治的影響力についても説明された。民進党に大きな影響力を及ぼしている。看板議員の蓮舫代表の得票は宗教組織票がほとんど... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/17 10:26
結婚式の司会
#書評 #結婚式 #司会 結婚式の司会についての書籍である。司会者が自らの経験や仕事へのスタンスを語る。多数の司会者が登場するが、スタンスには共通性が見られる。司会者の自己満足ではなく、新郎新婦や列席者の満足する式を目指している。進行表通りに時間を経過させることが必ずしも目指すことではない。官僚主義の対極にある。 本書の司会者は全て同一企業に所属する。そのためにスタンスが似通うことは当然とも言える。それでも各自が自分の経験に基づいて語っており、個性を感じる。これも無個性な官僚主義とは異な... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/15 08:12
老いない体
『老いない体』は整体師による新書である。健康格差という言葉があるが、見た目年齢と実年齢の格差も大きい。今や髪の毛で男性の年齢を推測すると大変なことになる。本書は老いない体の秘訣を説明する。健康は多くの人の関心事であり、様々な書籍が出ているが、本書にはユニークな内容がある。例えば本書はランニングよりもウォーキングを推奨する。過度のランニングは脳に衝撃をもたらし良くないという。体を酷使することが健康法という時代遅れの精神論と無縁なところは好感が持てる。 また、日本に四季があることは風情があると肯... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/12 14:16
FJネクスト迷惑勧誘電話
#不動産投資 #マンション #FJネクスト不買運動 FJネクストはマンション投資の迷惑勧誘電話や悪質マンション建設で評判が悪い(林田力『FJネクスト不買運動』枕石堂)。FJネクスト迷惑勧誘電話は礼儀知らずの人間に寝台を土足で踏みにじられた気分にさせる。 共謀罪はテロよりも特殊詐欺や薬物犯罪対策とした方が国民の支持を得られやすいのではないか。番組では共謀罪反対に活動している弁護士も人身売買や薬物犯罪などに限定するならば必要性があると話していたと紹介された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/09 09:36
FJネクスト不買運動
#不動産投資 #マンション #FJネクスト不買運動 FJネクスト迷惑勧誘電話を社会的な人間として扱うことは時間と金の無駄である。もっと合理的に排除できる様にしないと社会的な損失が大きい。オリンピックを控えて、法律の想定外を狙った悪徳不動産業者が増えてくるだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/07 08:18
希望の塾第六回レポート
小池百合子政経塾・希望の塾第六回の徳川家廣さんの話で興味深かった内容は関ヶ原の合戦前後の徳川家と島津家は対立関係になかったとの指摘である。これは斬新であるが、庄内の乱の対応を考えれば納得できる。日本史で取り上げられることは少ないが、徳川家康が豊臣秀吉没後に筆頭大老として頭を悩ませた問題は、朝鮮からの撤兵に加えて庄内の乱がある。島津家久が家老の伊集院を殺害することをきっかけに起きた庄内の乱で徳川家康は最初から最後まで島津の行動を追認した。これは実は不思議なことである。伊集院は島津の家臣であるが、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/04 16:44
世紀東急工業らカルテル
#独占禁止法 #談合 #カルテル 公正取引委員会はカルテルの疑いがあるとして世紀東急工業らに立入検査した。世紀東急工業は東日本大震災の復旧工事でも談合しており、悪質である。この問題は日本海賊TVで取り上げる。 アスファルトの発注は国や自治体に限られる。そのために談合が横行しやすい。談合体質が一向に改善されない。TPPなどで外国企業の参入が増えた方が透明性が増し、改善するのではないか。 立正コウセイ会の信者数が激減している。宗教団体の信者数は水増しされていると言われるが、その値が減ってお... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/01 20:14

<<  2017年3月のブログ記事  >> 

トップへ

林田力・東急不動産だまし売り裁判 2017年3月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる