林田力・東急不動産だまし売り裁判

アクセスカウンタ

zoom RSS 保育政策と東京都議選

<<   作成日時 : 2017/05/30 20:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


#保育 #待機児童 #都議選
人権という理念は、とても大切なことと思います。私は東急不動産だまし売り裁判原告として消費者の権利を拠り所とし、追求してきました。待機児童が生まれる状態は権利が保障されていません。それを何とかしなければならないという点は多くの人が考えていることで、どのように実現するかが問題です。
理念を呪文のように唱えても、それで問題が解決する訳ではありません。人権を保障するためにもサービスの拡充が求められます。公共的なサービスの従事者も公共性から特別視するのではなく、一般のサービス業の精神をもっと持って欲しいと感じることは多々あります。別の分野ですが、希望の塾のレポートでも書きました。
何か問題を解決する上で、既存の規制が障害になっている場合に、その規制が意味のあるものか、規制によって実現しようとした趣旨が本当に規制によらなければ達成できないか、規制という手段が目的化していないかを考え、規制の見直しを求めることはオーソドックスな手法です。それをせず、既存の規制を否定せずに問題を解決しようとするならば選択肢が狭まります。
このような問題意識は四年前も抱いていました。都政わいわい勉強会in東部地区のレポートで書いた通りです。その思いは安倍政権が最大のチャレンジと位置付ける働き方改革によって一層強まりました。働き方改革は政治が世の中を変える力を持つものであることを実感しています。長時間労働やパワハラ、過労死など昭和の働き方をなくすために様々な改革が試みられていますが、意外と進歩的とされる人々が抵抗勢力になり、うんざりさせられます。無駄な仕事をなくし、自由な働き方にする提案に対しても、既存の雇用を危うくする改革はまかりならんという姿勢です。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
保育政策と東京都議選 林田力・東急不動産だまし売り裁判/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる