林田力・東急不動産だまし売り裁判

アクセスカウンタ

zoom RSS ゴールデンカムイ

<<   作成日時 : 2018/04/23 07:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


『ゴールデンカムイ』は日露戦争後の北海道を舞台とした漫画である。主人公は日露戦争で不死身の杉本と呼ばれた元兵士である。
日露戦争の旅順要塞攻略で日本軍は無謀な突撃によって死者を増やした。この時の無反省が十五年戦争の大敗につながる。それを踏まえると、上の作戦はポンコツであるが、個人の武勇で生き延びたという物語は面白くない。
本作品にはアイヌ人が主要キャラクターとして登場する。アイヌの食文化も紹介される。
日本ではアイヌ人の存在は忘れ去られがちである。一昔前のアメリカ西部劇のインディアン(ネイティブ・アメリカン)のように悪役としても描かれない。インディアンを悪役とするのは白人の一方的な歴史観であるが、いつの間にかいなくなったことにされる日本よりも歴史性はある。その意味で、どのような形であれ、アイヌが描かれることは意味がある。
本作品では主人公とアイヌ人の一人が協力関係になる。それは、そのアイヌ人がアイヌのジェンダー的には外れた存在だから成り立ったことである。このアイヌ人はアイヌの伝統社会では受け入れられない存在だろう。
体制批判派の守旧性は

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ゴールデンカムイ 林田力・東急不動産だまし売り裁判/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる